読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

【小貝ヶ浜緑地、うのしまヴィラ編】3泊4日で茨城県北芸術祭2016に行ってきた!!滞在時間や移動時間など

アート アート-芸術祭

こんにちは、goolegleuです!

goolegleu.hatenablog.com

のつづき

高戸海岸(前浜)

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 17分(8Km)

日立市

小貝ヶ浜(こかいがはま)緑地

▼1日目に訪れた日立市へ再び戻ってきました。
車は、小貝ヶ浜緑地駐車場に駐車。

小貝ヶ浜緑地駐車場の画像

利用駐車場:小貝ヶ浜緑地駐車場
収容台数:約15台
料金:無料

[A-01]國安孝昌/朝日立つ浜の産土神の御座(あさひたつはまのうぶすながみのみざ)
▲[A-01]國安孝昌/朝日立つ浜の産土神の御座(あさひたつはまのうぶすながみのみざ)

常陸太田市のパルティホールで「常陸のおお田守る竜神」というダイナミックな作品を展開していた國安さん。その対となる作品がここ小貝ヶ浜緑地の小高い丘の上にあります。
タイトルの産土神の御座には産土神の居場所という意味があるそうですが、独特の形をした造形物の中央には大きな入口のような穴があり、まるで本当に神様がそこを行き来しているような神聖な雰囲気を醸し出しています。

「虚舟ミニミュージアム」
▲駐車場の目の前に「虚舟(うつろぶね)ミニミュージアム」があります。ここは元美容院だそうです

[A-02]ヴェンザ・クリスト/うつろ舟ミニ博物館
▲[A-02]ヴェンザ・クリスト/うつろ舟ミニ博物館

「虚舟」とは、江戸時代に茨城県沖に流れ着いたと言われている伝説の船。茨城県では割と有名な伝説なんだそうです。
結構前だったと思いますが、「虚舟伝説」に関する番組をテレビで見たことがあったので「あー、あれかー」とピンときました。

「虚舟」に関連する新聞記事
▲インドネシア出身のクリストさんが自ら集めたという「虚舟」に関連する新聞記事などが展示されていました。

古文書には円盤型UFOのような形が描かれていますが、海から流れて漂着したらしく空を飛んでいたと記載されている資料は存在していないそうです。

「虚舟」の模型
▲模型も展示されています。
UFOに関しては個人的に興味があるのでゆっくり見たかったですが、時間に余裕がなくざっと見て終わりました。

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 15分(6Km)

うのしまヴィラ

▼車は、うのしまヴィラ専用駐車場に駐車

うのしまヴィラ専用駐車場の画像

利用駐車場:うのしまヴィラ専用駐車場
収容台数:約15台
料金:無料

[A-03]AKI INOMATA/やどかりに「やど」をわたしてみる ーBorderー

3Dプリンタで出力した人工の殻
▲[A-03]AKI INOMATA/やどかりに「やど」をわたしてみる ーBorderー

やどかりが背負っていた貝殻を元に3Dプリンタで出力したという人工の殻の上には、世界各地の都市を模した形が彫刻されています。
ヤドカリに、この殻へと引越ししてもらうプロジェクトだそうです

引っ越し済みのヤドカリ
▲実際に引っ越し済みのヤドカリさんがいました。自慢気に佇むヤドカリさんですが、すっけすけすーけですよ!

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 13分(4.2Km)

日立駅(滞在時間:20分)

車は、日立駅中央口駐車場に駐車

日立駅中央口駐車場の画像

利用駐車場:日立駅中央口駐車場
収容台数:24台
料金:30分無料、以降30分100円

日立駅に戻ってきました。初日は平日だったため見ることができなかった日立シビックセンター(プラネタリウム)での映像作品。
17時からの最終の部を見るまで時間があったのでダニエル・ビュレンの作品をもう一度見たりして時間を潰すことに

日立駅

ダニエル・ビュレンの作品
▲夕暮れ時の作品もなかなかいいですね!西日が当たって幻想的です

ぷらっとひたち
▲「ぷらっとひたち」にぷらっと立ち寄りました。
芸術祭グッズの他、茨城県のお土産物も沢山置いてありました。
「大みか饅頭」が一押しのようで買ってみようと思いましたが、3個入りと6個入りは売り切れ。12個入りはありましたがそんなに食べられないだろうということでここでは諦めました。

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 2分(530m)

日立シビックセンター(滞在時間:20分)

車は、日立シビックセンター駐車場へ

利用駐車場:日立シビックセンター地下駐車場
収容台数:255台
料金:60分無料、以降30分100円

一度利用した駐車場ではありましたが、夕方だった為か空きスペースがなく何回かぐるぐると回ってしまい、駐車するまで結構時間がかかってしまいました。

時間切れ
▲そんなこんなで、会場(プラネタリウム)前に着いたのは17時丁度。
「たった今受付を終了しました!」というスタッフの方からの一言。
そうです、その瞬間、芸術祭の終わりが突如として訪れたのです。

一気に全身の力が抜けました。日立駅で呑気にお土産なんて見ている場合では無かったのです!
ショック過ぎてその場を動くことができず呆然と立ち尽くす私達に「スタンプだけでも押しましょうか?」と気を遣ってくださったスタッフさんですが、作品を鑑賞していないのに押すわけには行かず・・・とりあえずスタンプは断りました。

日立シビックセンター
▲気が付いたら外にいましたw
この時の事はあまり覚えていないのですが、何とか心を落ち着かせようと新都市広場をふらふらしていたことだけは覚えています。

大みか饅頭
▲そして冷静さを取り戻し、日立シビックセンターのお土産屋さんで「大みか饅頭」を購入。「ぷらっとひたち」で売り切れだったやつです。

6個入り(680円)、酒粕の様な匂いが一瞬ふわっとしたのですが、生地に米の粉を使っているようです。こしあんの入ったさっぱりとしたお饅頭で美味しかったです。

茨城県北芸術祭スタンプラリーの画像
▲ということで、私の茨城県北芸術祭のスタンプラリーはこんな感じ。

最後は衝撃的な結末となってしまいましたが、それも含めて県北地域で過ごした4日間はたくさんの人たちとの出会いもあり、良い思い出となりました!

 

【感想】につづく・・・