読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

【感想】「茨城県北芸術祭2016」に実際に行ってみて感じた10のこと

アート アート-芸術祭

こんばんは、goolegleuです。

 

ここまで、長い長い芸術祭ネタにお付き合いくださりありがとうございました!

最後に、今回の県北芸術祭に実際に行ってみて感じた良かった点、悪かった点について個人的感想を書いてみたいと思います。

茨城県北芸術祭の個人的感想

【悪かった(不便だった)点】

1.作品鑑賞パスポート(チケット)の専用ケースが無かった。

 →作品が連続するような会場ではその都度パスポートをかばんから出さなくてはならず、パスポートケースを首から下げていれば受付けでのやりとりもスムーズになるかと思います。

 →オフィシャルグッズとしては恐らく一番需要があると思います。(KENPOKU2016などの文字が入っていると記念にもなる!)

 →パスポートケースを首から下げているとスタッフさんにパスポート所持者だということが一発でわかってよいと思います。(パスポート特典を逃してしまうようなこともない)

2.ガイドブックや公式サイトで地名にフリガナがなかった。

 →思っていた読み方と違っていた地名が結構あり、カーナビで目的地を設定する際に手間取り不便でした。
(例:水府→みずふ?、上岡→かみおか?、家和楽→かわら?など)

 →むしろ「県外の人が間違えやすいかもしれない県北地域の地名の読み方」みたいなページが地名の由来などとともに説明されてると面白いのではないでしょうか。

3.カーナビで設定できない会場がある(廃校や畑の中など)。

 →マップコードでの紹介があると、カーナビを使う人には便利だと思いました。

4.閉館時間が早いところが多い。

 →美術館や既存の施設の場合は閉館時間を延長するのは難しいかもしれませんが、土日祝だけでも通常より1時間長くするだけで、より多くの作品をゆっくり鑑賞することができるのではないかと思います。

5.公式サイトに変更履歴のページがない。

 →「チケット・パスポート」のページで何度か文面が書き換えられていることに気がついた為、他の箇所も変更や追記がないか毎回一通り確認してしまいました。いつどこを変更(追記)したのか履歴を記載してほしいと思いました。

【良かった点】

6.公式ガイドブックがよかった。

 →エリアごとに名産品やお土産、おすすめのショップが細かく紹介されているので食べ歩きグルメや食事処、お土産の参考になりました。

 →作品だけでなく紅葉の名所や県北の観光スポットがモデルコースに組み込まれて紹介されているのは参考になりました。(それまで知らなかった名所など芸術祭で沢山の「茨城」を知ることができてよかったです!)

7.付録の切り取り式作品ガイドマップがよかった。

 →全エリアが把握しやすい!どの辺りに作品が集中しているかなどがわかるので計画が立てやすかったです。(泊りの場合はエリア毎を効率よく廻る順番なども計画しやすいかも。)マップはガイドブックの一番後ろに付いています。

8.無料駐車場が多い。

 →駅前でも30分無料だったのは嬉しかったですし、ほとんどの会場が完全無料で駐車スペースもそれなりの台数分用意されていたのでゆっくり作品を見ることができました。

9.会場までの案内看板や芸術祭ののぼりがわかりやすかった。

 →案内看板や芸術祭ののぼりが会場付近に点在しているのは他の芸術祭でもおなじみですが、初開催の芸術祭としてはわかりやすく設置されていた方だと思います。
(会場から会場まで10km以上ある場合などは途中に何度か案内看板を設置してもらえると安心。)

10.スタッフさん(特に地元の年配の方)の作品知識が豊富、そして優しかった。

 →ガイドブックに載っていないような情報や制作秘話、スタッフさん独自の作品に対する考え方や作品とは関係ない昔話などが聞けたのが良かったです。
自分の孫と同じように私達に接してくれる年配のスタッフさんもいました。そんな気さくで優しいスタッフさんたちにとても癒されました。

他の芸術祭でも地元の方が受付けをしている場合が度々ありますが、作品の詳しい説明などはないことの方が多いです。
それに比べて今回の県北芸術祭の地元スタッフの方の作品知識の豊富さには本当に驚きました。

「芸術祭は若者だけのものではない!これからもっと県北を盛り上げるぞ!」そんな熱い想いや初開催の芸術祭に対する理解、一緒に楽しもうという気持ちが伝わってきました。

さいごに

海側山側に分かれて茨城県の6市町で約100点の作品が展開される日本最大規模の芸術祭である茨城県北芸術祭。

今回訪れた所は全て初めての場所。正直知らない所ばかりでしたが茨城には素敵な観光スポットや名産が沢山あることも知り、素敵な人たちとの出会いもあり、とても楽しいアートな旅になりました。

同じ関東圏に住んでいますが近そうで遠かった茨城県、今回訪れたことで少し距離が縮んだ気がします。(次回の開催時にも必ず訪れたいと思います!)

是非とも大自然を満喫しながら作品鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

たき丸

芸術の秋、茨城の秋

さぁ、あなたも

ケンポク、イットク?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!