読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

【穂積家住宅、高戸海岸編】3泊4日で茨城県北芸術祭2016に行ってきた!!滞在時間や移動時間など

こんにちは、goolegleuです!

goolegleu.hatenablog.com

のつづき

北茨城市

五浦(いづら)美術館

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 30分(20Km)

高萩市

穂積家住宅

▼車は、穂積家住宅駐車場に駐車

穂積家住宅駐車場の画像

利用駐車場:穂積家住宅駐車場
収容台数:40台
料金:無料

穂積家住宅
▲茨城県指定有形文化財に指定されている穂積家住宅へ

[B-03]伊藤公象/pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー
▲[B-03]伊藤公象/pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー

焼き物は、それ自体が作品としての芸術的価値がありますが、それらを集合させて新しい空間を作りインスタレーションとして展開している伊藤さんは、茨城県の笠間でそのような活動を40年以上も続けているそうです。

f:id:goolegleu:20161018224912j:plain

f:id:goolegleu:20161018224914j:plain
▲柔らかい粘土の塊をスライスし造形したものは全て異なった形をしています。
この世に存在する様々な生き物にも皆違いがあるということを擬似的に表現しているそうです

水路にある作品
▲庭を流れる水路の中にもさりげなく展示されていました。
この水路の水流を利用して酒造用の水車を回転させていたそうです。

伊藤さんの作品は、敷地内の4箇所に展示されています。

[B-04]デビー・ハン/ウェブ・オブ・ライフ
▲[B-04]デビー・ハン/ウェブ・オブ・ライフ

普段は農具展示室として公開されている場所にはアルミニウムの細い紐でできた作品が展示されています。近くによってみてみると、様々な表情の顔であることがわかります

▼穂積家住宅の主屋の中へ。廊下の突き当りから衣裳蔵へ入ることができます

[B-01]サンドリーヌ・ルケ/紅毛先生の驚異の部屋

f:id:goolegleu:20161019000654j:plain

f:id:goolegleu:20161019000655j:plain
▲[B-01]サンドリーヌ・ルケ/紅毛先生の驚異の部屋

衣裳蔵の2階では、穂積家住宅の主人と友人だったオランダ人医師が集めたものが展示され・・というのは作者の架空の設定

[B-02]上野雄次/天を仰ぎ 地に立つ 者として
▲[B-02]上野雄次/天を仰ぎ 地に立つ 者として

こちらは1階で展示されている華道家の上野さんの作品。
山のように積まれた土の上に咲く一輪の花は、3Dプリンタで出力されたものだそうです。
エネルギーを失ったものに立つ状態を与えるという意味では生花と同じですが、それとは違った何かを語っているようです。

高萩「萩の茶屋」
▲芸術祭の開催に合わせて期間限定でOPENしている高萩「萩の茶屋」
常陸牛を使ったステーキやハンバーグなどが提供され、店内は多くの人で賑わっていました。

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 10分(5Km)


▲小浜海岸と前浜海岸の分岐点となる新磯馴橋。
左に行くと小浜海岸、右へ行くと前浜海岸です。

高戸小浜海岸(滞在時間:10分)

▼車は、高戸小浜海岸駐車場に駐車

高戸小浜海岸駐車場のが画像

利用駐車場:高戸小浜海岸駐車場
収容台数:57台
料金:無料

[B-07]スッシリー・プイオック/ソウル・シェルター
▲[B-07]スッシリー・プイオック/ソウル・シェルター

貝殻の中から人の指が出ています。ものすごいインパクトがありますが、
「何これ!うわ、気持ち悪!写真撮るのやめよう」
近くにいた人のそんなセリフも印象的でした。

f:id:goolegleu:20161004202027p:plain
f:id:goolegleu:20161004202028p:plain 3分(1Km)

高戸前浜海岸(滞在時間:10分)

▼車は、高戸前浜海岸駐車場に駐車

高戸前浜海岸駐車場

利用駐車場:高戸前浜海岸駐車場
収容台数:87台
料金:無料

[B-05]イリヤ&エミリア・カバコフ/落ちてきた空
▲[B-05]イリヤ&エミリア・カバコフ/落ちてきた空

芸術祭2日目くらいまではいい天気だったのですが、あの青空はどこに行ってしまったのかと思っていたら、こんなところに落ちていましたよ。

[B-06]ニティパク・サムセン/テトラパッド
▲[B-06]ニティパク・サムセン/テトラパッド

河口の向こう側にカラフルなテトラポットがさり気なく作品として展示されていました。
当初は触れる作品として計画されたそうですが、安全性を考慮して鑑賞のみとなっているようです。

 

小貝ヶ浜緑地、うのしまヴィラ編へつづく・・・