読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

晴れときどき大地の芸術祭 -3日目

 

goolegleu.hatenablog.com

のつづき

芸術祭3日目!いよいよ最終日

f:id:goolegleu:20141021201455j:plain

「もう3日目かー」
目覚めてすぐそう思いました。
しかし、もう1週間くらい滞在しているような
そんな錯覚もありました。
芸術祭って素晴らしいですね。

さて、最終日は中里エリア津南エリアをまわります。

中里エリア

ミオンなかさとという施設に車を停めます。

f:id:goolegleu:20141021200944j:plain
マップコード[253520733*26]
<鳥たちの家/ジャウマ・プレンサ>

この作品に込められたメッセージが難しすぎる。。
自然のメタファー。。ファー!!

 

f:id:goolegleu:20141021201613j:plain
マップコード[253520795*52]
<暖かいイメージのために −信濃川/坂口寛敏>

何かストーンヘンジを思わせる見た目ですが
天文学的なものでもなく、宗教的なものでもない。
「星の広場」「地の広場」「水の広場」と、3つの広場があるのですが
画像のものは「星の広場」。信濃川沿いにある作品。
というか、「地の広場」「水の広場」があったのを知らなかったです。
なのでもちろん画像もなし。。

 

f:id:goolegleu:20141021201702j:plain
マップコード[253520641*78]
<河岸の燈籠/CLIP>

夜は明かりを放つトイレ。
その姿が「灯篭」のようだ!
ということなのでしょうか。残念ながら夜訪れることはありませんでした。
是非、遠くからその姿を見てみたいものです。

心に響いた言葉たち

車に乗り込みまして2分くらい走ります。

f:id:goolegleu:20141021201309j:plain
マップコード[253519555*22]
<いちばん長い川/オル・オギュイベ>

こちらは駐車場がありませんでした。
草むらに無理やり停めました。

f:id:goolegleu:20141021201337j:plain

高校生の詩なんですねー
"あたり前のように川が流れている。
もしかしたら川は流されているんじゃないのかな"
心に響きました。

 

車で少々走りまして

f:id:goolegleu:20141021201201j:plain
マップコード[253549367*38]
<龍の尾 /イ・ソンテク>

これは凄く印象的でした。
普段見慣れたものが土に埋まっている状態というのは
すこし残酷感がありますね。
"印象的"というか"衝撃的"の方が正しい表現か

越後田沢駅周辺

f:id:goolegleu:20141021201146j:plain
マップコード[253488263*54]
<未来への航海/河口龍夫>

越後田沢駅近くの作品。すぐ横に駐車スペースがあります。
「船の家」という建物内に収蔵されています。
残念ながら土日祝のみの公開のため、隙間から撮影。
そう簡単に"未来への航海"はさせてくれませんでした。

この作品は本当感動した!

f:id:goolegleu:20141021201324j:plain
マップコード[253399458*06]
<たくさんの失われた窓のために/内海昭子>

桔梗原うるおい公園内にある作品。
越後田沢駅から車で20分くらいですかね。
こちら、しっかりした駐車場がありました。
カーテンが引っかかっていて少々残念・・
一応頑張って直そうとしたんですがダメでした
でも、数日の旅で見慣れた風景を新鮮なものに変えるのに十分な力を持っていました。

 

f:id:goolegleu:20141021201543j:plain
マップコード[253398239*34]
<清津川プレスセンター「きよっつ」/槻橋修+ティーハウス建築設計事務所>

清津川フレッシュパーク内にあるので駐車場は心配ありません。

f:id:goolegleu:20141021201644j:plain

イベントの際は地域住民に開放されているようですが
この日は誰もいませんでした。

HIPHOP好きなら反応してしまう「ポチョムキン」

さて、車で10分くらい走ります。

f:id:goolegleu:20141021201254j:plain
マップコード[253340634*50]
<ポチョムキン/カサグランデ&リンターラ建築事務所>

ポチョムキン?ヒップホップグループ「餓鬼レンジャー」のMCだろ?
そう思ったのは自分以外にも一人は居たはず・・・
すいません。肝心の写真ですが、全然いいの撮れてなかったです。

写真では、なんなのかわからないと思いますので公式サイトでご確認くださいませ。。

f:id:goolegleu:20141021201217j:plain

 ゆったり過ごせるスペースになっています。

津南エリアで、おいしいご飯屋さん「ぽぱい」に立ち寄る

 さて、ここらでお昼時になりましたので津南エリアへ入り昼食です。

f:id:goolegleu:20141021201425j:plain
<日替わり定食 780円/ぽぱい>

 津南のおいしいご飯屋さんとして

無印良品キャンプ場さんのブログで紹介されていました。

 心いっぱい夢いっぱいになります。

少々不気味だった「マウンテンパーク津南」

車で1時間くらいでしょうか、マウンテンパーク津南に着きました。

f:id:goolegleu:20141021201509j:plain
マップコード[790674757*80]
<カモシカの家族/ゲオルギー・チャプカノフ>

マウンテンパークは名前のとおり、標高520mの高台に位置していて
スキーのジャンプ付近から見る景色はそれはもう最高でしたよ。
しかし、諸事情により画像は載せられません・・すみません。
機会があれば載せたいと思います。
駐車場はありますが、自分はこのカモシカの前に停めて他の作品は徒歩で見てまわりました。

 

f:id:goolegleu:20141021201525j:plain
マップコード[790674669*42]
<0121-1110=109071/李在孝(イ・ジェヒョ)>

マウンテンパークのこのエリアは少々手入れが行き届いていない感じでした。
ドラゴン現代美術館とか見たかったですが草ボーボーで入り口すらわからないレベル
間違いなく近くまでは行けてたはず。ちょっと悲しかったですー

 

f:id:goolegleu:20141021201411j:plain
マップコード[790674579*10]
<森/本間 純>

ここは少し広めの原っぱのはしっこにぽつんと存在していました。

 

独特な雰囲気のあったマンテンパークをあとにします。

f:id:goolegleu:20141021201353j:plain
マップコード[790614885*21]
<かささぎたちの家/キム・クーハン(金九漢)>

マウンテンパークから車で山をおりた途中にある作品。
ここも少々放置ぎみの感じ・
来年の芸術祭開催時には綺麗に手入れしておいてくださいねー。

 

そこから少々狭い路地を入って行きます。

f:id:goolegleu:20141021201558j:plain
マップコード[790614787*73]
<時を越える旅/管懐賓(グァン・ファイビン)>

丸い鏡の部分は手で回すことができますが少々重たいです。

いよいよ終わってしまう、芸術祭の旅・・・

f:id:goolegleu:20141021201628j:plain

 途中、越後田中駅近くの踏切で電車をやりすごしました。

このあと津南ひまわり広場とか竜ヶ窪とか行ったんですが

これもまた機会があればアップします。

 

さぁ、これで終わりです。

少し寂しく思いながら自宅にナビを設定し帰宅します。

ナビは、行きに通ってきた道で案内しました。

十日町エリアで起きた奇跡!

f:id:goolegleu:20141021201439j:plain
マップコード[253438437*87]
<モミガラパーク/日本工業大学小川次郎研究室+黒田潤三>

なんということでしょう。
行きに見落とした作品に出会えました。

実は初日、十日町エリアでトンネルを抜けた直後
「あれ、なんか今作品あったよね」的な感じで、そのときはスルーしてしまった作品がありました。
それがモミガラパーク
スルーしてしまったときは「また、来年来るかもしれないからそのときでいっか」なんて言っていたのですが、まさかこんなに早く再会できるとは。。。本当に感動しました。

もちろん、すぐ横に車を停めて作品を見ました。
旅が終わってしまう寂しさと、こいつに再び会えた嬉しさとが混じって
なんとも言えない気分だったのを覚えています。

芸術祭って本当にいい!

 

 

と、ここまでが大地の芸術祭のお話。

読んでいただきありがとうございました。