読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

ヨコハマトリエンナーレ2014に行ってきた!(第2話、第3話)

第2話:漂流する教室にであう

第2話は、大阪の釜ヶ崎芸術大学のセクションとなっています

釜ヶ崎芸術大学とは、NPO法人「こえとことばとこころの部屋」が主宰している

書道、絵画、ダンス、音楽、詩などさまざまことに挑戦する活動のこと

f:id:goolegleu:20141101203526j:plain

f:id:goolegleu:20141101203530j:plain

f:id:goolegleu:20141101203531j:plain

f:id:goolegleu:20141101203532j:plain

f:id:goolegleu:20141101203528j:plain

f:id:goolegleu:20141101203529j:plain

f:id:goolegleu:20141101203527j:plain

f:id:goolegleu:20141101203533j:plain

 

今回のヨコハマトリエンナーレのアートディレクター

森村泰昌氏が、この釜ヶ崎芸術大学

「芸術」の講座を担当したということもあり

同法人に出演を呼びかけたそうです。

会場では、成果発表やビデオによる授業内容の紹介などを見ることができます。

 

第3話:華氏451はいかに芸術にあらわれたか

今回のヨコハマトリエンナーレのメインタイトルにある「華氏451

これは、ブラッドベリSF小説華氏451度」からきています。 

有害な情報をもたらし社会の秩序を乱す「本」

これを読むことも所持することもを禁止され

発見された場合は、ファイアマンと呼ばれる機関により

ただちに本が焼却させられ、所有者は逮捕されるという

未来社会を描いた小説。

 

このような、隠された真実とも呼ぶべきテーマが繰り広げられる

そんなセクションになっています。

 

 

たくさんの人の写真で埋めつくされた大きなパネルが目立ちます。

 

人口の増加、土地不足、繰り返される土地の細分化により

土地の奪い合いが激化する中で、登記所の役人が賄賂を受け取って

登記簿の記録を改ざんし、生きている所有者を戸籍上死亡させ

新しい所有者に賄賂により土地を相続させる

というインドの実話で、これらの人々のインデックスとなっています。

 

f:id:goolegleu:20141101203536j:plain

f:id:goolegleu:20141101203535j:plain

f:id:goolegleu:20141101203537j:plain

 

メディアの象徴であるテレビを使った作品が印象的。

テレビやラジオの情報は真実とは限らない

マスメディアの情報操作による統制に警鐘を鳴らしているようです。

ちなみに、なぜか今日帰宅してからテレビが映らなくなりました。。

こ、これは・・

キーンホルツ恐るべし・・・

 

f:id:goolegleu:20141101203538j:plain

f:id:goolegleu:20141101203540j:plain

f:id:goolegleu:20141101203539j:plain

 

「忘却」に関わる内容が世界各国の言葉で書かれた文学作品です。

自由に閲覧することができますが、大変混雑しています。

そのためか、約2分間の制限がありました。

こちら、世界で1冊の本ですが

ヨコハマトリエンナーレ2014の会期終了後の

11月3日(月・祝)に、焼却パフォーマンスが予定されており

「忘却の海」に消え行く運命にあります。

 

f:id:goolegleu:20141101203542j:plain

 

宗教の名を借りた戦争は、大きな裏切りである

作品の大きさから作者のメッセージが強く伝わってくる作品です。

 

f:id:goolegleu:20141102115201j:plain

 

1957年版の「華氏451度」の本が並べられています

しかし、それらはすべて鏡文字となっています。

なぜ左右逆さまなのか、これについての答えはありません

鏡文字にすることで、本の内容も逆の意味になるのでしょうか

 

f:id:goolegleu:20141101203541j:plain

 

こちら石の本です

タリバンにより破壊された、アフガニスタンバーミヤン遺跡の石が使われています。

それには意味があるようでして

第二次世界大戦中、ドイツの町がイギリス軍による空爆を受けましたが

その際、図書館にあった多くの本が失われたそうですが

その戦争によって失われた数々の本を

これまた戦争によって失われた遺跡の石で作ったという作品なのだそうです。

 

第4話につづく・・