アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

単位について楽しく学べる「単位展」に行ってきた!

昨日、21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「単位展」に行ってきました。

2月20日(金)から始まったばかりです。


企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」

 

f:id:goolegleu:20150221224043j:plain

f:id:goolegleu:20150221224045j:plain

単位をテーマとした本展は、多種多様なモノやコトの中にどのような単位があるのかを知り、実感することによって、モノがつくられたプロセスやデザインに対する考え方、さらには単位が生み出された文化や社会背景を見つめるきっかけとなるでしょう。

子供から大人まで楽しめる展示が盛りだくさんです。

最初に見たこちらの展示。

モニタになにやらフルーツが並んでいます。

f:id:goolegleu:20150221224046j:plain

人にモノの大きさを伝えるために、私達はしばしば体を使います。

しかし、それはどれくらい曖昧なものなのか実感できます。

ここではセンサーの上で手を使って、あなたの思う「りんご」のサイズを表現してみましょう。

f:id:goolegleu:20150221224047j:plain

ちょうどいいサイズだと思っても、少し大きめの「デコポン」と判定されてしまったり、小さすぎて「みかん」と判定されたり。

センサーの上で手を動かすだけなのですが、初めはコツがいるような気がしました。

反応が悪かったりして、思い通りのサイズが作れないこともあるかもしれませんが、あまり人がいなければ何度も試してみるのもいいかもしれません。

f:id:goolegleu:20150221224048j:plain

私は、わざとバカでかいのを作ってみたところ「ビーチボール」と判定されました。実に面白い!


次に、私達が普段使用している単位。

実際にどれくらいなのか可視化して楽しむスペースがあります。

f:id:goolegleu:20150221224049j:plain

同じ1Kgでもこうして比較してみると意外性がありますねー。

 

f:id:goolegleu:20150221224050j:plain

1Lの比較も。

沢尻エリカさん主演のドラマ「1リットルの涙」ってのがありましたが

相当なものですねw

 

f:id:goolegleu:20150221224051j:plain

こちらでは実際にものの重さを体感できます。

子供だけでなく、大人も楽しみながら学習できて良いですねー

 

データ量の「どれくらい?」についても学べます

f:id:goolegleu:20150221224052j:plain

f:id:goolegleu:20150221224053j:plain

 

毎日お世話になっているお金

f:id:goolegleu:20150221224054j:plain

f:id:goolegleu:20150221224055j:plain

 

そして子供に大人気だった「5秒を測ってみましょう」のコーナー

f:id:goolegleu:20150221224056j:plain

手元のStart/Stopスイッチで5秒を測ります。

もちろん目を閉じて挑戦するのですが、本体から1秒毎に「カチカチ」音が聞こえていることを発見w。

なので、3回目の挑戦で

f:id:goolegleu:20150221224057j:plain

こうなりました。

 

さて、隣の部屋にいくとこんなものが

f:id:goolegleu:20150221224058j:plain

プラスチック素材でしょうか、1文字ごとの重さが表記されています。

f:id:goolegleu:20150221224059j:plain

なるほど!これは面白いですね。

さっそく測ってみましょう!

f:id:goolegleu:20150221224100j:plain

おぅ。。

すぐ横にモニタと操作パネルがあって、任意の文字を入力し測りにかけることができます。

お互いの呼び名を測りにかけるカップルもいれば

こんなオシャレな人もいて、みんなのセンスを見ることができます。

f:id:goolegleu:20150221224110j:plain

 

続いてはこちら

f:id:goolegleu:20150221224102j:plain

こちらの台に立ってみてください。

下から1秒毎に突き上げるような振動があります。

そして、好きなタイミングで台から降りると

f:id:goolegleu:20150221224101j:plain

何秒間台に立っていたのかはもちろん

その間地球の自転によってどれくらいの距離を移動したのかがわかります。

ここでしか知ることができない貴重なデータですね。

 

f:id:goolegleu:20150221224103j:plain

こちらは1cmから100cmまで、あらゆるものがものさしとなっています。

f:id:goolegleu:20150221224104j:plain

「募集中」のところが何箇所かありました。会期中に増えていくのですかね。

 

f:id:goolegleu:20150221224106j:plain

f:id:goolegleu:20150221224105j:plain

あなたは「○寿?」

こちらでは自分の年齢のスタンプをカードに押して持ち帰れます。

白寿や米寿などおなじみなものもありますが

これはあくまで9人のクリエーターの視点で表現されたものです。

最初、本当にそう呼ぶのかと思ってしまいましたが

0歳は「1-1」で「H寿」とか、ありえないですもんね。。

 

f:id:goolegleu:20150221224107j:plain

なにやら無印良品っぽいスペースがありましたが、なんてことない

そのまんま無印良品の単位についての展示でした。

無印良品のユニットシェルフの外寸は、日本の木造建築の基準が元になっているそう。

無印製品の寸法の基準になっているため、こうしてきれいに収まるようになっているそうです。

 

f:id:goolegleu:20150221224109j:plain

f:id:goolegleu:20150221224108j:plain

 

f:id:goolegleu:20150221224111j:plain

単位や規格を発想の源にしてデザインされたという作品群の一つに、石巻工房のスツールも展示されていました。

このスツールは、26x87mmの既存デッキ材を使って、わずかな材料と加工によってできています。

 

次は、普段見慣れたモノたちに少し加工してみた的なコーナー

f:id:goolegleu:20150221224112j:plain

1丁掛けの御影石の縁をミシン糸でなぞった 。

 

f:id:goolegleu:20150221224113j:plain

紙ヤスリを削り、市松模様にした。

 

f:id:goolegleu:20150221224114j:plain

チャック付きポリ袋にピッタリ入るよう、木材を削って入れた。

これはほんの一部です、他にも面白い加工品がありますので是非ご自身の目で確かめてみてください。

 

回転寿司の皿と割り箸の関係

f:id:goolegleu:20150221224115j:plain

これ知らなかったんですが、割り箸を立てた時の長さはちょうど12枚のお皿と同じになっているそうです。

 

「私の考えた時間の単位」

f:id:goolegleu:20150221224117j:plain

f:id:goolegleu:20150221224118j:plain

「1忍」

じわじわくるw

 

f:id:goolegleu:20150221224116j:plain

映像機器が表現するピクセルの密度の変化を体験できるコーナー

足元の線の上を歩いて行くと。。

こちらも実際に体験して確認してみてください。

 

f:id:goolegleu:20150221224119j:plain

人間の感情や物の有り様を色に置き換えている。

f:id:goolegleu:20150221224120j:plain

 

すべて見終わって、初めに訪れたコーナーのところ

f:id:goolegleu:20150221224121j:plain

どうやら私のビーチボールの最大記録は更新されてしまったようです。

 

帰りにミュージアムショップに立ち寄りました。

量り売りがコンセプトになっており、細かい金属部品などが売られていました。

他にも

f:id:goolegleu:20150221224122j:plain

数字はそれぞれの販売価格を記しています。ものの値段とデザインが一致する「値段」と「単位」をモチーフにしたシリーズ

 

全ての紹介はできていませんが、「単位展」

楽しすぎます!

 

是非この楽しさを体感してみてください。

 

会期:    2015年2月20日(金) - 2015年5月31日(日)
休館日:    火曜日(5月5日は開館)
開館時間:    11:00 - 20:00(入場は19:30まで)

入場料:    一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

 

お読みいただきありがとうございました!