アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

未来館で感じる未来感。話題のチームラボ展覧会へ行ってきた!

f:id:goolegleu:20150307211157j:plain


チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

前期としては3月1日(日)で終了していますが、あまりの人気のため、後期として本日3月7日(土)から5月10日(日)まで会期が延長されました。

チームラボがこれまでに発表したアート作品と、アートの遊園地が合体!

なんと、世界でも高い評価を受けたデジタルアート作品と、子どもたちが楽しんで学べる未来の遊園地を一度に体験できる世界初の展覧会、それが「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」です。

 

f:id:goolegleu:20150307211228j:plain

混雑のため、整理券が配布されていましたが、記載の入場時間の5分前には入場できました。1階の入り口から入ります。

<花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に>

f:id:goolegleu:20150307211227j:plain

まず、最初に見る作品がこちら。
人が立っているところに花が咲き、逆にいなくなると散っていきます。
本日は大変混雑していたため、なかなかのお花畑が広がっていました。
最初、花を踏むと散っていくのかと思ってめっちゃ踏みまくってましたw

<生命は生命の力で生きている>

f:id:goolegleu:20150307211225j:plain

書という2次元を空間に描いてみた作品だそうです。
回転しながら木となり花が咲いていく様子を見ることができます。
それはまさに「生」。書の墨跡が持つ力を感じる作品
しかし、この「生」の字を撮るためにこの場所にどれだけいたことかw

<冷たい生命>

f:id:goolegleu:20150307211224j:plain
2次元の書を立体的に再構築した先程の作品の表面を剥いだ作品。
画像ではわかりにくいですが網目状の線の構造を確認できます。
ここでもこの瞬間を撮影するために長時間滞在・・


<増殖する生命 -Gold>

f:id:goolegleu:20150307211223j:plain

こちらは記録映像を再生しているのではなく、プログラムによってリアルタイムで描かれている、つまりこの瞬間の絵は2度と見ることができません
しかし、高精細の映像を映し出す、このモニタあっての迫力ですよ。どこのメーカーさんですかね?


<花と屍 剥落 十二副対(はなとしかばね はくらく じゅうにふくつい)>

f:id:goolegleu:20150307211226j:plain

先ほどの「冷たい生命」と同様、空間的に描かれた物語の絵の表面が剥がれ3次元の網目状の集合を確認できます。
こちらはチームラボとして一番古い作品だそうです。

見るだけじゃない、触って楽しむ作品も

<世界はこんなにもやさしく、うつくしい>

f:id:goolegleu:20150307211219j:plain壁の上から落ちてくる文字

f:id:goolegleu:20150307211221j:plain
触れると・・・

f:id:goolegleu:20150307211220j:plain
その文字がもつ世界が広がります。
子供には漢字の勉強になりそうですね。

しかし、高度な技術だと思います。自分が子供の時にこんなんで遊べたらもっと有能な大人に育っていただろうと想像したら、悔しくて涙が止まりません。


<Nirvana>

f:id:goolegleu:20150307211222j:plain伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう)の「鳥獣花木図屏風」をデジタルで再現させたもの。ドットのように見えますが、若冲のマス目描きまでもデジタルで再現させてみせたのでしょうか。チームラボ恐るべし!
2次元では感じられない動物の動きを楽しむことができます。


<追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 - Light Dark>

f:id:goolegleu:20150307211218j:plain八咫烏(やたがらす)が

f:id:goolegleu:20150307232005j:plain
空中を互いに追い合い

f:id:goolegleu:20150307211217j:plain
花となって散ってゆく・・

チームラボのオフィス見ることができます

といっても、再現スペースですが

f:id:goolegleu:20150307211216j:plain

f:id:goolegleu:20150307211215j:plain

f:id:goolegleu:20150307211214j:plain
素晴らしい作品の数々はこのような空間で生まれるんですね。
絨毯の感じがチームラボっぽい感じがします。

ここからは全く異なる遊びの世界

未来の遊園地ゾーンに来ました。

f:id:goolegleu:20150307231959j:plain
とても広いスペースとなっています。

 

f:id:goolegleu:20150307211202j:plain
TeamLab★IsLandsの文字が

 

<まだ かみさまが いたるところに いたころの ものがたり>

f:id:goolegleu:20150307211205j:plain
先程の「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」に似た作品、こちらは象形文字バージョン。
「木」と「炎」の象形文字をタッチしたあとそれぞれのアニメーションをくっつけることで、画像のように木を燃やすといったこともできます
何ができるのか、色々試してみると楽しいかもしれませんね


<つながる!積み木列車>

f:id:goolegleu:20150307211212j:plain

f:id:goolegleu:20150307211211j:plain
積み木と積み木の間に、線路や道路ができていきます。
最初はそれを楽しんでいるのですが、いつの間にかみんなで街を作っていることに気がつくと思います。


<小人が住まうテーブル>

f:id:goolegleu:20150307211210j:plain
文字通り、小人がテーブルに住んでいます。
テーブルに置いてあるアイテムを使って小人を楽しませましょう。


<お絵かき水族館>

f:id:goolegleu:20150307211209j:plain

f:id:goolegleu:20150307211208j:plain
色々な海の生物のぬり絵の紙に、自分の好きなように絵を書きます
書いた絵はスキャンしてモニターに映しだされ、モニターを自由に動きまわりますw
海洋生物にこだわらず、「ジバニャン」や「ふなっしー」などを描いている方もいて子供達がはしゃいでいました。こういった具合に子供に騒がれる絵を書くという楽しみ方もあるのかなと思いました。


<メディアブロックチェア>

f:id:goolegleu:20150307231948j:plain
ブロックの凸の面と凹の面を組み合わせてブロックの光の変化を楽しめます。


<3Dお絵かきタウン>

f:id:goolegleu:20150307211207j:plain
こちらは、お絵かきシリーズの宇宙空間バージョン
車やビル、家やUFOなどで街を作っていきます。


<光のボールでオーケストラ>

f:id:goolegleu:20150307211213j:plain
ボールを叩いたり転がすと色が変わります
こちらは混雑のためか、お遊戯タイムは3分程度の制限がありました。


<天才ケンケンパ>

f:id:goolegleu:20150307211206j:plain
◯△□に乗るパターンで床のエフェクトが変わるそうです
同じ形や同じ色同士でどうなるのか確認してみてはいかがでしょうか?

ゆるキャラの成功者、ふなっしー

f:id:goolegleu:20150307211204j:plain
まさかチームラボの展覧会にふなっしーがコラボしてくるとは思いませんでしたが、先程のお絵かきシリーズなどでも、ふなっしー描いている人いたので、「そんなに書きたいならここで書けよ!」的なチームラボのメッセージが隠されていたりして

f:id:goolegleu:20150307211203j:plain
みんなが描いた「ふなっしー」同士が挨拶したり、あの独特な動きをしたりします。
こちらは3Dなので、絵を書くときに輪郭を描いてしまうと側面の色として認識されてしまいますので注意です。
特に黒で輪郭を描いてしまうと、横を向いた時に汚く見えてしまいます

まだ帰っちゃダメ!新作は7階に展示

f:id:goolegleu:20150307211201j:plain

後期から出品の新作。会場は7階にあります。
見逃すところでした。

「Floating Flower Garden -花と我と同根、庭と我と一体と」

f:id:goolegleu:20150307211200j:plain

f:id:goolegleu:20150307211159j:plain

f:id:goolegleu:20150307211158j:plain
ワイヤーでつるされた生花で埋めつくされたスペースに4人1組で入室しました。
人が近づくと、花はゆっくりと浮上していきます。そのため、スペース内を自由に移動できますが、制限時間があるのであまり奥に行き過ぎないように注意が必要です。
ちなみにこれらの花は全て本物の蘭だそうで、日々成長しているそうです。
実際、蘭の匂いもしますし本当に本物なんだとわかるのですが、枯れないのでしょうか?

そして、「日本科学未来と言えば」的なあれを見た

f:id:goolegleu:20150307211156j:plain
これこれ、この地球儀。初めて見ましたよ。
下はこんなくつろぎ空間になっていたんですねー

最後に

私も含めた大人たちが、みんな童心に帰って楽しんでいたんじゃないでしょうか。
ここに来た子供たちは将来どんな大人になるのでしょうか。
デジタルxアートの融合は、どのように子供に影響を及ぼすでしょうか
この展覧会では「バランス感覚」「パターン認識力」「協調性」「空間把握力」「クリエイティビリティ」「表現力」「思考力」などが身につくみたいなので、小さいお子さんのいるご家族は是非出かけられることをおすすめします。

会場:日本科学未来館(1階・7階)
開館時間:10:00〜17:00(土日祝は19時まで)
会期(後期):平成27年3月7日(土)〜5月10日(日)
駐車場:日本科学未来館駐車場(最初の1時間310円、その後30分毎100円)
当日券:大人(19歳以上)1800円、中人(小学生〜18歳)1200円→土曜日は1100円、小人(3歳から小学生未満)900円

 

お読みいただきありがとうございました!