アートが好きでごめんなさい

芸術祭、美術館、旅行、ときどきお祭り。気づいたらいつもアートがそばにいた。

今更ですが、いちはらアート×ミックス2014について書こうと思う(その5)


goolegleu.hatenablog.com

のつづき

旧白鳥小学校をあとにして、上総大久保駅から小湊鐵道に揺られ、養老渓谷駅で下車しました。

足湯も楽しめる観光駅「養老渓谷駅」

1954年(昭和29年)、朝生原駅から改称した養老渓谷

養老渓谷駅の足湯
こちらの駅には足湯があり、列車の利用客と駅前駐車場利用者は無料で入ることができます。

 

なっぱのぐるぐるやぐら
<Y-2>なっぱのぐるぐるやぐら/フジワラテッペイアーキテクツラボ
駅前に三角形の大きなやぐらがあり、その名の通りぐるぐる回って上まで登れます。
上からの景色はなかなかのもの

なっぱのぐるぐるやぐらからの眺め

巨大もぐら(開発さん)との出会い

徒歩で歩いていくと畑に不思議なものを発見

モグラV
畑の真ん中に覗き窓みたいなのがあったので覗いてみると、巨大なもぐらが・・・

巨大もぐらの正体は開発さん<Y-5>モグラTV/開発好明
もぐらに扮しているのは開発さんです。
もぐらトンネルをモチーフにたテレビ局で、この狭そうなスタジオに地元の方や芸術家を招き、Ustreamで番組を配信していたようです。
このあと開発さんとは、ヨコハマトリエンナーレで偶然再会することになります。

goolegleu.hatenablog.com

アートハウスあそうばらの谷

養老川沿いの渓谷を眺めながら、次の目的地「アートハウスあそうばらの谷」へ徒歩で向かいます。

養老渓谷
築100年以上の古民家を改装した、大巻伸嗣さんの「おおきな家」という作品があり、部屋の1間ごとにインスタレーションが展開されていたのですが残念ながら、写真撮影はNGということでした。
中でも好きだったのが、真っ暗な部屋でシャボン玉が天井から定期的に降ってくる作品。シャボン玉にスポットライトが当たっていて、よく見るとシャボン玉の中には煙が注入されています。
そのシャボン玉が床に当たって割れるとフワーっと中の煙が舞ってとても美しかったです。静かな空間で何度も繰り返されるその光景にいつまでもそこに居たい気持ちになりました。

山覚俵家で休憩

小腹が空いてきたので、大巻さんの作品のすぐ近くにある「山覚俵家(さんかくたわらや)」さんで休憩ー

山覚俵家(さんかくたわらや)

豆腐ドーナツと、牛乳ようかん
<Y-3>なっぱすごろく/山覚俵家/スマイルズ 生活価値拡充研究所
こちらで豆腐ドーナツと、牛乳ようかんをいただきました。
ちなみに、上総牛久駅で購入した駅弁「なっぱすごろく」はスマイルズさんによるもの

goolegleu.hatenablog.com

養老渓谷駅にいる3匹の駅ネコ

再び養老渓谷駅に戻り、電車が来るまで駅ネコを見ることにしました
養老渓谷駅には「ネネちゃん」「ゆうた君」「なおき君」の3匹の駅ネコがいます

養老渓谷駅のネコ

養老渓谷駅ネコネネちゃん
こちらがネネちゃん

 

養老渓谷駅ネコゆうた君
「ゆうた君」はお昼寝中でした。
そしてもう一匹の「なおき君」は見当たらず・・・外出中だったのかな?。

上総牛久駅へ戻り、1日目終了

電車が来たので、ネコたちともお別れ

ネネちゃんの笑顔
最後に見せてくれたネネちゃんの笑顔が忘れられません。

 

混雑する小湊鐵道車内
芸術祭の時期ともあって小湊鉄道の中はこのような混雑具合
そして、長く充実したアートxミックス1日目が終了したのでした。

 

つづく・・・