読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

今更ですが、いちはらアート×ミックス2014について書こうと思う(その6)

goolegleu.hatenablog.com

のつづき

いちはらアートxミックス2日目は車で移動

アート×ミックスの作品鑑賞パスポートは、交通パスポートとセットになっているため、1日目の移動は小湊鐵道と会場内を循環する芸術祭周遊バスを利用しました。
乗り放題だったわけですが、この特典は1日限りだったため2日目は車で移動しました。

高滝駅に猫がいると聞いて

高滝駅にネコがいるらしいので、高滝湖の作品を見る前に寄りました。

高滝駅い居たネコ
探すまでもなく、いきなり居ました。ちょっと悪そうなネコですな。
1日目にもこの駅に来ましたが、その時は居なかったんですが会えてよかったです。
先日、湘南T-SITEで猫の本を見たのですが、この子が写っててちょっと感動しました。何て本だったかなー

高滝湖に飛行機が不時着?

飛行機が不時着??
<Tt-2>湖(うみ)の飛行機/KOSUGE1-16

湖に飛行機がやってきた、という設定なんです。
乗組員が生き残るために、地元の人たちと交流を図ろうとしてブラックバス釣りを始めた
みたいなストーリーを想定していて・・・
こういうことは作品で表現するのは難しく説明しないとわかってもらえないから、この場を借りて言っておきたい!

と公式ガイドブックで熱く語っていた土谷さん。
なんと、この作品は陸から手漕ぎボートで行かなくてはならず、ボートなんて漕いだこともない私は少々不安でしたが、なんとか"搭乗"することができました。ちなみに飛行機の片方の翼が船着場になっていて、もう一方は釣り場になっています。
無事飛行機に搭乗
高滝湖は人工湖で、かつてはこの場所に集落があったそうですが、ダムに沈んだ集落から見上げると湖面は空。その空にこの飛行機は飛んでいます
釣りしてみた
さっそく釣りをしてみました。が、浅瀬のためすぐに根がかりしてしまい終了ー
天気もよく飛行機の上はとても気持ちがよかったです。

里見駅で、わっぱめし駅弁を食らう

お腹が空いてきたので、里見駅で駅弁を食べることに
お目当てはこれ!

なっぱの三色わっぱ
<S-1>なっぱの三色わっぱ/スマイルズ 生活価値拡充研究所

上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅の3駅限定で販売された"わっぱ弁当"
各駅で種類の異なる数量限定の駅弁です。
一日目は上総牛久駅の"落花わっぱ"を食べましたが、里見駅ではこの三色わっぱを食べました。
小湊鐵道と桜と菜の花
天気もよく、また、桜や菜の花も咲いており最高のランチでした!

森ラジオステーション

月崎駅のすぐそばにある小屋

森ラジオステーション

苔に覆われた森ラジオステーション
<Tz-2>森ラジオ ステーション/木村崇人
駅員の旧詰所小屋を使用した作品で、苔に覆われた渋い建物です。
まだそれほど緑が多くありませんでしたが、木村さんの公式サイトでは立派に生い茂った様子が確認できます。

www.takahitokimura.com

中の様子

森ラジオステーション
森ラジオステーション

瀬戸内国際芸術祭2010の「カモメの駐車場」の人だね−なんて話していたら、ご本人がいらっしゃって、色々お話を聞くことができました。

カモメの駐車場
<カモメの駐車場>瀬戸内国際芸術祭2010


月崎駅にいたネコ
ここにもネコ

サンタル語でコミュニケーション。サンタルの食堂

いちはら市民の森
いちはら市民の森に、地域の竹と藁と土を使って築かれた食堂があります。

サンタル
の食堂
<Tz-3>サンタルの食堂/岩田草平xプロマイノリティ

移動販売車
実際にインドの少数民族であるサンタル族の方も滞在されていて、サンタルカレーの販売などを行っていました。
サンタルの食堂の中
サンタルの食堂の中
他にも、インド雑貨の販売やサリーやドーティなどの民族衣装の着付け体験、平日にはワークショップも開催されていたようです。

サンタル語
サンタル族の方とは、こちらを使って実際にコミュニケーションできますが、私が話したのは「こんにちは」「さようなら」ぐらいだったかも・・・


裏の崖がすごい迫力でした。日本じゃないみたい
崖

涼しいというより寒い「素掘りのトンネル」

来た道を戻る際に、ガイド本にも載っていた素掘りのトンネルを見ました。

素掘りのトンネル
こういうのって何かワクワクしますねー
ちょっとだけ中に入ってみました。
素掘りのトンネルに入ってみた
ひんやり涼しいくらいかなと思ったら意外と寒かった。。
岩肌が雨風により侵食されていました。
かつて海底だったこの周辺は、泥岩や砂岩といった柔らかい地層があり、道を切り開く際に作ったトンネルがいくつかあるようです。

 

長くなってきたのでつづく・・・