読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

大人が砂で遊ぶとこうなる!砂の美術館でレベルの高い砂遊びを見た

アート アート-美術館

goolegleu.hatenablog.com

のつづき

鳥取砂丘のすぐ近くにある「砂の美術館」

f:id:goolegleu:20150516195420j:plain

鳥取砂丘のあとは、すぐ近くにある「砂の美術館」を訪れました

入場料は一般600円、小中高生は300円です

 

f:id:goolegleu:20150516195419j:plain

入り口の近くにいきなり砂の彫刻がありました。
つかこれって雨ざらしなのかな・・

第8期「砂で世界旅行・ドイツ編」

2006年の開館時から、毎年テーマを変えて世界最高レベルの砂像を展示してきた砂の美術館
今期のテーマは「砂で世界旅行・ドイツ編」ということで、2015年4月18日(土)~2016年1月3日(日)まで展示が行われています

ちなみに、過去の作品はこちらから

www.sand-museum.jp

グリム童話の誕生した国ドイツを砂で再現

鳥取砂丘の砂を、水を使って固めた砂像の展示が行われています
砂像といってもそのサイズは様々

f:id:goolegleu:20150516195421j:plain

f:id:goolegleu:20150516195422j:plain

f:id:goolegleu:20150516195423j:plain

f:id:goolegleu:20150516195427j:plain

f:id:goolegleu:20150516195428j:plain

f:id:goolegleu:20150516195442j:plain

立体的でリアルな作品に驚かされます
大きな作品に囲まれると、童話の世界に迷い込んでしまったかのように思えてきます

f:id:goolegleu:20150516195424j:plain

f:id:goolegleu:20150516195425j:plain

f:id:goolegleu:20150516195429j:plain

あ、いつの間にか童話の世界から、中世ドイツの世界へタイムスリップ!

f:id:goolegleu:20150516195430j:plain

f:id:goolegleu:20150516195431j:plain

f:id:goolegleu:20150516195432j:plain

f:id:goolegleu:20150516195433j:plain

f:id:goolegleu:20150516195434j:plain

中には水を使った作品も

f:id:goolegleu:20150516195435j:plain

f:id:goolegleu:20150516195436j:plain

f:id:goolegleu:20150516195437j:plain

f:id:goolegleu:20150516195438j:plain

山肌や木々の感じも細かく再現されています

f:id:goolegleu:20150516195439j:plain

この大きさですから本当凄い迫力です

f:id:goolegleu:20150516195440j:plain

f:id:goolegleu:20150516195441j:plain

ライトの当て方とかも工夫しているらしく、立体感が半端ないです

f:id:goolegleu:20150516195444j:plain

上から見たとこ
冒頭で説明したとおり、砂像は砂を水で固めただけなので、製作中から完成後も常に崩れる危険がつきまといます
砂像の彫刻家たちはその危険に果敢に挑み、こうして人々に感動を与えているんですね

 

f:id:goolegleu:20150516195443j:plain

美術館の外にも作品が展示されていまいした。
美術館に展示されている大きな砂像は、ピラミッド状に木の型枠を組んで砂を固めるそうです
これから展示するものか、はたまた壊れてしまって作りなおすのか、外にはその型枠の状態で置かれているものがいくつかありました。

ミュージアムショップで買い物

f:id:goolegleu:20150516195445j:plain

ミュージアムショップの入り口にはクマさんの砂像がありました

f:id:goolegleu:20150516205500j:plain
「砂の丘」というクッキーを買いました

f:id:goolegleu:20150516205501j:plain

鳥取砂丘の砂をイメージしたパウダー入り
白パッケージは和三盆を、黒パッケージは鹿野町産生姜をブレンド
生姜はちょっとピリリとしていて大人の味

最後に

会期が終われば元の砂に戻ってしまう、そんな限られた期間しか存在できない砂像
鳥取砂丘に訪れた際には是非、その儚い砂が見せる美しい姿に感動してみてはいかがでしょうか

 

最後までお読みいただき、ありがとうございまいした!