読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

G・W2016 岩手観光初心者の私が外したくなかった観光スポット-6日目:花巻〜平泉観光

こんにちは、goolegleuです!

だいぶ間が空いてしまいましたがGW記事のつづきを・・
ゴールデンウィーク2016、6日目は花巻・平泉を観光しました

今回のプラン

1日目:弘前観光

2日目:青森市内観光

3日目:奥入瀬渓流~十和田湖観光

4日目:十和田市観光

5日目:盛岡観光

6日目:花巻~平泉エリア観光

7日目:石巻観光

8日目:吉見エリア(埼玉)観光

宮沢賢治童話村

宮沢賢治生誕の地であり生涯の殆どを過ごしたということもあり、花巻市には賢治ゆかりの施設がたくさんあります。

37年という短い生涯の間に手がけた数多くの作品には、故郷の花巻に基づく独特の世界観が描かれています

そんな宮沢賢治の童話の世界を体験できる「宮沢賢治童話村」があるというので行ってみました

宮沢賢治童話村の無料駐車場86台分のスペースがある無料駐車場は午前中にはほぼ満車

銀河ステーション宮沢賢治童話村の入り口「銀河ステーション」

カンパネルラとジョバンニの旅の始まりであるこの駅をくぐると、いよいよ賢治ワールドの始まりです!

銀河ステーション広場
入り口を抜けるとすぐに見えてくるのが「銀河ステーション広場」

画像には写ってないですが入り口を入ってすぐ右手に「妖精の小径」や「月夜のでんしんばしら」の電柱が展示された散策スペースがあります・・・それはまた後ほど

まずは「賢治の学校」へ

賢治の学校は童話村のメイン施設です

賢治の学校

こちらの入館料は350円、近隣にある宮沢賢治記念館、花巻新渡戸記念館、花巻市博物館との共通券もあるので他の施設も訪れるなら共通券がおすすめです

共通入館券

区分2共通3館共通 4館共通
小学生・中学生 200円  300円  400円
高校生・学生 350円 550円 650円
一般 550円 800円  1,000円

(宮沢賢治童話村「賢治の学校」、花巻新渡戸記念館、宮沢賢治記念館、花巻市博物館)

ファンタジックホール

賢治の学校は「ファンタジックホール」、「宇宙」、「天空」、「大地」、「水」の5つのゾーンに分かれています

ファンタジックホール

入ってすぐに見えてくるのが天井の高い広々とした空間「ファンタジックホール」

童話の世界の入り口として設定されており、作品に登場するイーハトーブ(理想郷)の風景や宮沢賢治がどんな人物だったのか、また、その代表作などについて映像や効果音などを使って紹介しています

ここ「ファンタジックホール」には「賢治の椅子」が置かれているのですが、これが大人気。
記念写真を撮るために次から次へと激しい椅子取りゲームが繰り広げられていました(汗

f:id:goolegleu:20160705135603j:plain

賢治の椅子に座ると目の前には真っ白な本棚があります
GWだったのもありこの日はたくさんの人で賑わっていましたが、静まり返ったこの空間を想像すると幻想的な童話の世界に入ってしまいそう

宇宙の部屋

 次は「宇宙の部屋」、鏡で覆われた巨大な万華鏡の中を歩きながら進みます

宇宙の部屋

天井にはゆらゆらと流れる天の川、光と音で「宇宙空間」を体感できます

f:id:goolegleu:20160705135605j:plain

暗い所っていくつになってもワクワクしますね・・・子供に混じってドキドキしながら前へと進みました

天空の部屋

次は「天空の部屋」、ここはイーハトーブの空をイメージした円形の空間
5つの童話が光の文字になって天空から降ってきます

天空の部屋

床に埋め込まれた画面には風や大地、自然を感じられる映像が流れていて、イーハトーブを走る風や雲になって地上へと降りていくのを感じられます

天空の部屋の床

大地の部屋

天井には大きな蜘蛛の巣が張り巡らされ、巨大な植物や虫たちが出迎えてくれます

大地の部屋

ここは子供たちに大人気でしたが中には泣き出して前に進めない子供もいたり、小さな虫になったような気分が味わえます

巨大な植物や虫たち

水の部屋

水の部屋

最後は「水の部屋」、水-うつろう青い魔力の世界-、青いライトで水のゆらめきを表現、クラムボンの笑い声と沢蟹のささやきが響きわたる部屋です

水のゆらめき

和テイストな雰囲気はアートアクアリウムを彷彿とさせますね
ここで5つのゾーンは終了です

賢治童話 ミニチュア人形の世界

ミニチュア人形の世界

水の部屋の後、出口までのスペースに童話の一部がミニチュアになった模型が展示されていました
画像は「セロ弾きのゴーシュ」、反対側には「注文の多い料理店」のミニチュアが展示されていました

カラクリ人形

中にはボタンを押すと動き出すカラクリ人形もあり、子供から大人まで童話の世界に入り込んでいました
個人的にはこのミニチュア人形の展示スペースが一番時間をかけて堪能していた気がします

賢治の教室

この後は賢治の学校を出て、ログハウス展示施設「賢治の教室」へ

賢治の教室

こちらはちょっとわかりにくいので童話村の全体マップを載せておきます

童話村の全体マップ
童話村の全体マップ

「石の教室」、「鳥の教室」、「星の教室」、「動物の教室」、「植物の教室」、「森の店っこや 2号店」、「森の店っこや」に分かれており、それぞれに関するものや資料が展示されていました

森の店っこやはお土産売り場で賢治童話のグッズや地元の名産品などが販売されています

星の教室
星の教室

動物の教室
動物の教室

他にも屋外に「ふくろうの小径」や「妖精の小径」など自然の中を散策しながら童話のワンシーンを体感できる場所があります

この日は生憎のお天気だったのもあり、賢治の学校で予定よりも少し長居してしまったので次回はゆっくり小径を散策したいと思います

「月夜のでんしんばしら」の電柱
「月夜のでんしんばしら」の電柱

駐車場内にある「白鳥の停車場」は貨車でできたお店で、こちらも賢治童話のグッズなどが販売されています

「白鳥の停車場」

実際に園内を走行していた初代の「銀河トレイン」が入り口に展示してあります

銀河トレイン

今はニ代目が銀河ステーションから賢治の学校まで運行しているようです
(残念ながら走行しているのは見られませんでした)

童話村の傘

銀河ステーションには貸し出し用のビニール傘がたくさんあったので急な雨などでも安心!

近隣には無料で入館できる「宮沢賢治 イーハトーブ館」や「ポランの広場」、レストラン「山猫軒」など関連の施設がたくさんあるので家族連れのお出かけスポットとしても1日楽しめると思います

ちなみに2016年は宮沢賢治生誕120年!その記念に童話村を会場にライトアップやステージイベントなど、様々なイベントが開催されるようです

宮沢賢治生誕120年

中尊寺

童話村の後は平泉エリアへ移動して、まずは世界遺産2大スポットの一つ「中尊寺」へ

到着した頃には朝の雨がウソのような青空、歩いて廻る時間が長いエリアなだけに助かりました

入り口から上り坂(月見坂)が続くのでここはゆっくりと時間に余裕を持って散策することをおすすめ致します
(そんな私は駐車場からやや急ぎ足だったので坂の途中で既に息が上がってしまいました・・)

坂を上ると右手に見えてくる景色

坂を上ると右手に見えてくる景色
ベンチがあるので景色を眺めながら一休みするのもオススメです

神輿

タイミングよく「春の藤原祭り」期間中でお神輿を見ることもできました
このお祭りのことは知らなかったのですが内容を読んでいたらかなり面白そう!

「源頼朝に追討ちをかけられた義経が平泉に辿り着いた時、当時この地の豪族であった藤原秀衡や地元民が義経を歓迎し匿った」と言う故事を元に総勢100人ほどの参加者で再現するお祭りだそうです

da-inn.com

義経を演じるのは毎年旬な俳優さんや芸能人の方のようで、一覧を見ていたら過去には妻夫木聡さんや藤原竜也さん、稲垣吾郎さんや坂上忍さんなどが演じていました。

ちなみに今年は高杉真宙さんが演じられた様です。ファブリーズのCMに出ている方ですね!

中尊寺
まずは本堂を参拝して御朱印を頂きました

中尊寺本堂

 

讃衡蔵横で拝観券を購入して金色堂
拝観券は「讃衡蔵」と「金色堂」など共通ですので全て拝観できます

金色堂

黄金色に輝く金色堂は奥にあるお堂の中に展示されています
撮影禁止のため画像はありませんが、ガラス越しに間近で見ることができます

堂内では音声ガイダンスが流れているので金色堂の歴史などを細かく知ることができます

拝観料金

金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂【通常拝観料金】
区分個人30名以上
(1割引)
100名以上
(2割引)
大人 800円 720円 640円
高校生 500円 450円 400円
中学生 300円 270円 240円
小学生 200円 180円 160円
<お身体の不自由なお客さまへ>

障害者手帳をお持ちの方は、拝観券発行所に手帳を提示していただくことで料金が半額となります。

拝観時間

年中無休
3月1日~11月3日まで、8:30~17:00
11月4日~2月末日まで、8:30~16:30
※拝観券発行は10分前に終了

毛越寺

毛越寺

中尊寺金色堂から1.7Kmほど離れた場所にあるので車で移動しました
ここの見どころはなんといっても極楽浄土を表現したと伝わる庭園

常行堂
こちらは常行堂

常行堂前の鐘楼
常行堂の前には鐘楼があります。
札所で500円を支払い、護摩木を奉納後鐘をつくことができるようですが営業終了していました

極楽浄土を表現したと伝わる庭こちらが極楽浄土を表現したと伝わる庭園
ガイド本などでもよく見る風景ですね

紅葉が楽しみ

一時間ぐらいあればゆっくりと見て廻れるぐらいの丁度よい広さでした
これから紅葉が綺麗な季節、ぜひとも訪れてみてはいかがでしょうか

拝観料

  個人 団体
30人以上 100人以上
大人 500円 450円 400円
高校生 300円 270円 240円
小・中学生 100円 90円 80円

拝観時間

午前8時30分~午後5時 年中無休 
11月5日~3月4日は午後4時30分まで
(※入場は閉館時間の15分前まで)

平泉駅

平泉駅

帰りに平泉駅にちょっとだけ立ち寄ってみました
後に知ったのですが、2017年の春にはこの平泉駅の近くに道の駅が誕生するみたいです

www.kahoku.co.jp

道の駅は好きなので、再度平泉を訪れる機会があれば是非とも立ち寄ってみたいと思います

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!