読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートが好きでごめんなさい

美術館巡り、アート、旅行、ときどきお祭り。気づいたら、いつもアートがそばにいた。

スマートイルミネーション2016に行ってきた!

SMART ILLUMINATION2016

こんにちは、goolegleuです!

2011年から毎年横浜で開催されている「スマートイルミネーション」に今年も行ってきました。

www.smart-illumination.jp

今年はなんだかいつもより来場者が多いように感じましたが、夜景が綺麗な臨海部は元々多くの人が訪れる人気の場所でもあるので、夜景を見に来ただけだけど「お!何かやってる!」みたいな感じで、初めて参加した方がリピーターとなり年々来場者数を増やしているのかもしれませんね。

スマートイルミネーションの特徴

スマートイルミネーションは、東日本大震災をきっかけに2011年から始まりました。
毎年、電球数を競っている他のイルミネーションイベントとは異なり、省エネルギー技術の活用をテーマに最先端技術を使い工夫を凝らしたアート作品が展示されるアートイベントで、派手すぎず、みなとみらいの綺麗な夜景の中に自然と溶け込む環境に優しいイルミネーションイベントです。

Light Loop/馬場美次
<Light Loop/馬場美次>

今年は11月2日(水)〜11月6日(日)の5日間で開催されました。

今年の目玉とも言える作品

公式サイトのプログラムのページで紹介されていたイメージ画像がこちら

スマートイルミ2016の目玉といえる作品
※画像は2016 PROGRAM|SMART ILLUMINATION スマートイルミネーション横浜2016から拝借

ちょっとグロくてインパクトのある作品。
本当にこんな作品あるんかいなと思ってましたが、象の鼻テラスの前にしっかりと横たわっていました。

Power of will - final version // 意念力!終極版本/Lu Yang
<Power of will - final version // 意念力!終極版本/Lu Yang>

アーティスト自身の顔を模したバルーンでできた作品。

目からレーザー放射

そして、今回の目玉であるその作品の目玉からはレーザーが放たれ、まさにイメージ画像どおり。
強烈なインパクトを与える巨大な顔はランドマーク的存在となっており、多くの来場者で賑わっていました。

参加型のインスタレーションがいっぱい

見るだけでなく、来場者自身が参加できる作品展示があるのもスマートイルミネーションの特徴です。

会場:象の鼻パーク

ポンプ DE イルミ vol.2
<ポンプ DE イルミ vol.2/松本⼤輔+原⽥弥 「夜の運動会実⾏委員」>

ポンプを激しく動かして入れるのは「空気」ではなく「光」。
奥の棒の中にどんどん光を溜めていくゲームです。
一番早く頂点まで到達した人が勝ちです。手前のパイロンには万国旗もあって、なんだか運動会のようですね。

<光のオトイロ/つちやあゆみ>
<光のオトイロ/つちやあゆみ>

音階を持った色のついたガラスが鍵盤になっていてボールを上から転がすことでメロディーが流れます。こういうお子様連れの方にも嬉しい展示があるのは、スマートイルミネーションのいいところですね。

スマートイルミネーション・アワード参加作品

次世代のアーティストの育成を目的としたアワードも毎年開催されています。
一般部門と学校部門が参加し最終日に最優秀賞が発表されているようです。
アワード参加作品も、参加型の楽しめる作品がいくつかありました。

会場:象の鼻パーク

あかりジグソーパズル/ライティングデザインスクー
<あかりジグソーパズル/ライティングデザインスクール>

ウレタンのピースをはめて遊ぶパズル。ピースの組み合わせが合っていると青なのかな?仕組みはよくわかりませんでしたけど。
子供たちにとっては、パズルという普段見慣れたものが巨大化しているというだけできっと楽しいんでしょうね。

<魅惑のネオンボール/Hachiko Project+Ellie >
<魅惑のネオンボール/Hachiko Project+Ellie >

風船にはそれぞれどこから来たのか色分けがされていて、来場者は自分に当てはまる色を選んで玉入れと同じ要領で遊びます。

夜のシャボン玉/横浜美術大学NIGHT BUBBLES TEAM
<夜のシャボン玉/横浜美術大学NIGHT BUBBLES TEAM>

横浜美大の生徒達が飛ばしたシャボン玉やスモッグにレーザー光線が当たって幻想的でとても綺麗でした。

決まった時間に始まる作品なので開始されるまで少し待ったこともあり、一番滞在時間が長かった作品です。

歴史的建造物のライトアップ

神奈川県庁本庁
今年は神奈川県庁本庁が建設88周年を迎えるということで米寿記念のライトアップが行われていました。
こうした歴史的な古い建物にも遠慮なくダイナミックな演出を行うところもスマートイルミネーションの魅力の一つです。

さいごに

見るだけでなく参加して楽しむ作品が多いので、誰と来ても楽しめるイベントだと思います。

今回紹介したものはほんの一部ですが、LEDや有機EL・蓄光塗料などの省エネルギーの最先端技術を使った作品は、来年もたくさん展開されると思います。
まだ行ったことの無い方は是非、横浜の「もう一つの夜景」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!