アートが好きでごめんなさい

芸術祭、美術館、旅行、ときどきお祭り。気づいたらいつもアートがそばにいた。

日本はココから始まった?オノゴロ島伝承の地、淡路島の絵島に行ってきた!

こんにちは、goolegleuです!

 

さて突然ですが、日本神話にも登場するオノゴロ島(オノコロ島)ってご存知でしょうか?

私は初めて知ったのですが、どうやら神様が日本の島々を作ったとき、最初にできた島がオノコロ島(オノゴロ島)なんだそうです。

イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)が、国生みの際に、「天の浮き橋(あまのうきはし:天と地を結ぶ宙へ浮く橋。神はこの橋を渡って地へ降りるとされる[2]。)」に立ち、天の沼矛(ぬぼこ)をまだ何も出来ていない海原に下ろし、「こをろこをろ」とかき回し矛を持ち上げると、滴り落ちた潮が積もり重なって島となった[3]。これがオノゴロ島である(オノゴロ島 - Wikipedia)

オノゴロ島の候補地は様々な見解があり、日本各地に伝承の地が存在しているようですが、ある学者の見立てでは淡路島周辺の小島とされており、淡路市にある絵島もその一つとされています。

ウィキペディアで絵島って調べると大奥の事件のことが出てきますが、これは大奥御年寄の絵島さんの話なので全く関係ないですw

というわけで、現時点ではwikipediaには絵島のページは無いんですね

そんな絵島ですが、事前リサーチでパワースポットとして紹介されていたので実際に行ってきました!(2ヶ月ほど前のことですが)

絵島の場所

絵島は、兵庫県の淡路市の岩屋港フェリー乗り場のすぐ近くにあります

淡路市というと、そうです淡路島です!

そんなわけで本州から絵島に行くには明石海峡大橋を渡るわけですが、淡路島に上陸してすぐに「道の駅あわじ」に寄って、楽しみにしていた淡路牛バーガーも堪能しました!

淡路牛バーガーと明石海峡大橋

なんせ、この日はとてもいい天気で、雄大な景色を眺めながらの食事は最高でしたよ!

絵島周辺の駐車場は?

さて、絶景&絶品を満喫していよいよ到着した絵島ですが、駐車場は絵島に最も近い岩屋ポートビル駐車場を利用しました

岩屋ポートビル駐車場(岩屋ポートパーキング)

ここがなかなか雰囲気のある駐車場で、一瞬入るのを躊躇ってしまいましたが、1日最大500円、1時間まで無料ということなので利用しない手はないでしょう!

ということで勇気を出して入りまして、景色のよさそうな屋上に車を止めました

階段入口
▲この階段で下まで降りるのですが

庇の破片?
▲コンクリ片が落ちていたり・・

岩屋ポートパーキングの階段
▲重苦しい空気感漂う階段があったりと、インパクトのある駐車場です。

でも嫌いじゃない

ちなみに、駐車場から絵島へは歩いて3分くらいで到着しました

郷土記念物「絵島」

平清盛ゆかりの地でもある絵島

絵島には、清盛松王丸に関するこんなエピソードがあるそうです

平氏が栄えていた時代、中国の宋と貿易をするために大きな港を作る必要があったのですが、清盛は船の出入りを阻む大風や波を防ぐために島を築き、防波堤にしようと考えました。

土砂を海へ運んで埋めますが、何度も潮に流されてしまい工事がうまくいかなかったため、陰陽博士に占わせてみると「島を築くには、海中の竜神の怒りを鎮める必要がある。30人の人柱を海に沈め、竜神に供えると良い」とのこと

さっそく清盛は人柱のため30人の旅人を捕らえたのですが、人々の悲しむ様子を見ていた松王丸という少年が「私が30人の身代わりになりましょう」と何度も清盛に訴え、その申し出が聞き入れられました

こうして、松王丸は海へ沈められ、波を防ぐための島は無事完成しました

清盛は以前、松王丸と絵島の美しさについてよく語り合っていた事を思い出し、港の見える絵島の頂上に人柱となった松王丸を祀った、と言われています。

なんだか悲しいお話ですね

絵島ってどんなところ?

絵島
▲ここが絵島です。てっぺんに鳥居が見えますが、あそこが松王丸の供養のために建てたと伝えられるお社ですね

もとは陸つづきでしたが波の作用によって島となったため橋が掛けられています。

岩肌の縞模様が美しい絵島
▲約2000万年前の砂岩層が露出していて、岩肌の美しい縞模様が特徴です。

イボのような突起物
▲こんな神秘的な岩肌は初めて見ました。

綺麗な水
▲海水が澄んでいて凄い綺麗でした!

絵島のベンチ▲絵島にはベンチが設置されています。座れば明石海峡大橋と本州を見ることが出来ます

明石海峡大橋と本州
▲ベンチに座って撮ればよかったですね・・撮った場所は違いますが景色としては大体こんな感じです

供養塔まで行けそうな細い道がありましたが、登っていいのかわからないし危険そうなので諦めました

こんな感じで、島というよりは岩!といった具合で、ぐるっと歩いてみるだけだと2、3分で見終わってしまうと思いますが、なんだか不思議なパワーを感じる場所でした

観光案内所がある岩屋ポートビルへ

岩屋ポートビル
▲せっかくなので岩屋ポートビルの中も見てみることにしました

岩屋ポートビルの内部
▲とても好みの雰囲気です

鳴門金時や半田のふしめん
▲▼地元の食材などが売られていました。こういうコーナーは見ているだけでも楽しいです

淡路産はっさく、温州みかん

岩屋ポートビルには、高速船のチケット売場があったりレンタサイクル貸出場所もありました。

今回私が見たのは1階部分のみ、調べてみると2階には生しらす丼が有名な浜ちどりっていうお店があるそうですが、どうやら2階は空き店舗が多いみたいですね。

明石海峡大橋が開通し、高速船の利用客が減ったせいでしょうか。今度来たら是非とも生しらす丼食べてみたいですねー

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!